KPS
採用情報

Education & Training

ブラザー・シスター制度
サポート
新入社員時代は、新社会人として基礎を身につける大切な時期ですが、なかなか職場に慣れることができなかったり、不安や焦りも多いものです。それが新入社員のモチベーション低下につながってしまわないよう、当社では、入社後4月から半年間、新入社員一人に対し「ブラザー・シスター」として二人の先輩社員が付き、働く上での基礎知識や、メンタル面のケアを中心に指導やフォローを行っています。
また、職場で気軽に声をかけるなど、日常の何気ないコミュニケーションが新入社員にとっては心強いもので、 そのツールとして「仕事ノート」を通じ、分からないことを先輩社員に質問するなどの環境を整えています。さらに、対象期間中に食事に出かけたり、それぞれの家族や他の家族と集まってイベントを開くなど、より良い交流を深めていきます。
2011年より導入したばかりの制度ですが、新入社員だけでなく、教える過程を通じてブラザー・シスター自身も成長できる制度です。
仕事ノート

コミュニケーションツールとして使用する「仕事ノート」。 声に出して聞けないことも気軽に質問したり、先輩から教えられた忘れてはいけない大切なことなど、ずっと手元に残る大切なノートになります。



フォローアップ研修
 入社後、半年を経過した新入社員を対象に、 半年間の振り返り、ブラザー・シスターとのメッセージ交換、社長の講義を通じて、今後の目標やキャリアを明確にする時間を設けています。
フォローアップミーティング